資格外活動許可

資格外活動許可:家族滞在ビザや留学生ビザの外国人がアルバイトをする場合

留学生や外国人滞在者の家族でアルバイトをしたい人も多いと思います。
アルバイトをしたい場合には資格外活動許可を取得する必要があります。
この許可を取らずにアルバイトをした場合、不法就労になってしまいます。

アルバイトを考えている人は資格外活動許可を取得することをおすすめします。

 

時間制限には注意が必要です!

在留資格の活動に基いてビザが発行されています。

原則として、その他の活動をすることが出来ません(留学生ビザで副業・ビジネスをする等)。

資格外活動がその活動を邪魔してしまっては、そもそもビザを発行した意味がなくなってしまうからです。
そこでアルバイトには、時間・職種の制限があります。

 

  • 正規の学生・・・週に28時間以内 (長期休暇中は1日8時間以内)
  • 研究生・聴講生・・・週に14時間以内 (長期休暇中は1日8時間以内)
  • 専門学校生・・・週に28時間以内 (長期休暇中は1日8時間以内)
  • 就学生(日本語学校)・・・3か月経過後、1日4時間以内
  • 家族滞在・・・週に28時間以内
  • 風俗営業・・・風俗関連営業でのアルバイトは不可

よく留学生の友人が制限時間を超えてアルバイトをしていたので、少しくらい超えても大丈夫か?という相談が有ります。

最近の入国管理局はアルバイトなどについて殆ど補足しています。
日本での就職の内定が決まっていたけれど、強制退去処分になった事例もあるので、注意しましょう。

また、金額面も注意が必要です。
時間内に収まっていても、高額を得ている場合には、家族滞在ビザや留学ビザの範囲を超えているので、更新不許可になる可能性があります。

その場合には、在留資格の変更をすることをおすすめします。

資格外活動許可の必要書類

  • 申請書
  • 当該申請に係る活動の内容を明らかにする書類 1通
  • 在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含みます。以下同じ。)を提示
  • 旅券又は在留資格証明書

無償・無報酬の場合は不要

この許可は「就労により収入を得るかどうか」が大切です。
無償のボランティア活動を行う場合、資格外活動許可は原則不要です。

在留資格で行っている仕事以外の副業で収入を得る場合にはたとえ短時間であっても資格外活動許可が必要です

依頼について

外国人をアルバイトで雇用している小さな商店や料理店などは特に注意が必要です。
資格外活動許可を取得せずアルバイトを雇用していた場合には、雇用主にもペナルティがおよびます。

外国人のアルバイトを沢山雇用している事業者さんは、まとめてご依頼頂きますと、外国人のビザの管理が容易にできます。

また、学生さんは特別に学割料金を設定しています。

 

報酬額  30,000円(税別)
(学割)  15,000円(税別)

投稿日:

Copyright© 外国人のための在留資格相談室-ビザサポ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.