配偶者ビザ

[vc_row el_id="" front_status="" inner_container="yes" text_align="" text_color="" section_type="main" type="" bg_color="" bg_position="top" bg_position_horizontal="left" bg_repeat="no-repeat" bg_cover="true" bg_attachment="false" enable_parallax="" parallax_speed="0.1" bg_video_src_mp4="" bg_video_src_ogv="" bg_video_src_webm="" vertical_align="" column_gap="" padding_top="40" padding_bottom="40" padding_left="" padding_right="" margin_top="" margin_bottom="" min_height="0" border="bottom" overflow="" animation="" css_animation="right-to-left" visibility="" inline_style="" el_class=""][vc_column width="1/1"][vc_column_text css_animation="right-to-left"]

配偶者ビザって?

通常、結婚ビザ、配偶者ビザと呼ばれている配偶者ビザとは、日本人と国際結婚した外国人配偶者、日本人の子として出生した外国人実子のための在留資格(ビザ)となります。

また日本人と特別養子縁組をした外国人養子もこのビザの対象になります。

就労制限はありませんので、仕事は自由に行うことができます。

 

[/vc_column_text][vc_column_text css_animation="right-to-left"]

配偶者ビザの要件

日本人の配偶者

「日本人配偶者」のビザを取得 するためには、形式的に法律上の婚姻関係が成立しているだけでなく、実質的に同居し協力し合いながら生活活動を共にする結婚生活の実態が認めなければなりません。

また生活の安定性を担保するため扶養者の職業及び収入面も審査のポイントになります。

婚姻は有効に成立しことが前提ですので、内縁の妻や夫は対象外です。

日本人の特別養子

日本の養子縁組には普通養子と特別養子があります。

「特別養子」は6歳未満の子供で家庭裁判所の審判により、産みの親との身分関係を完全に切り離し、養父母との間に実の子と同じような身分関係を成立させるものです。 「普通養子」は、実の親子との親子関係は継続されます。

このビザは、前者の特別養子が対象となります。 なお、普通養子については「定住者」ビザの対象になりますが、養子縁組により必ずしもビザ取得ができるとは限りません。

日本人の子として出生した者

「子として出生した者」とは、親が日本人である実子をいいますが、嫡出子のほか認知された嫡出でない子も含まれます。
ただし、その子が出生したとき に父または母のいずれか一方が日本国籍を有していたとき、または、本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父の死亡のときに日本国籍を有していた場合でなければなりません。
しかし、本人の出生後に父または母が日本の国籍を離脱した場合でも特にさしつかえありません。

[/vc_column_text][vc_column_text css_animation="right-to-left"]

配偶者ビザを取得するのに必要な書類

日本人の配偶者の場合
1.在留資格認定証明書交付申請書 1通 写真(縦4㎝×横3㎝) 1枚

※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

 

2.パスポート及び在留カード(在留カードとみなされる外国人登録証明書を含む。) 提示

 

3.返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上、380円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

 

4.配偶者(日本人)の方の戸籍謄本1通
※ 申請人との婚姻事実の記載があるもの。婚姻事実の記載がない場合には戸籍謄本に加え婚姻届出受理証明書の提出が必要。

 

5.申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通
※ 申請人が韓国籍等で戸籍謄本が発行される場合には,お二方の婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本の提出でも可。

 

6.配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
※ 1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
※ 1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
※ 入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。

 

7.配偶者(日本人)の身元保証書1通
※ 身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)になっていただきます。

 

8.配偶者(日本人)の世帯全員の記のある住民票の写し 1通
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。

 

9.質問書 1通

 

10.スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)2~3葉

※ 申請人とは,日本への入国・在留を希望している外国人の方のことです。
※ 日本で発行される証明書は全て,発行日から3か月以内のものを提出してください。
※ 人よって必要な書類が異なります。 詳しくはお問い合わせ下さい。

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row el_id="" front_status="" inner_container="yes" text_align="" text_color="" section_type="main" type="" bg_color="" bg_position="top" bg_position_horizontal="left" bg_repeat="no-repeat" bg_cover="true" bg_attachment="false" enable_parallax="" parallax_speed="0.1" bg_video_src_mp4="" bg_video_src_ogv="" bg_video_src_webm="" vertical_align="" column_gap="" padding_top="40" padding_bottom="40" padding_left="" padding_right="" margin_top="" margin_bottom="" min_height="0" border="bottom" overflow="" animation="" css_animation="right-to-left" visibility="" inline_style="" el_class=""][vc_column width="1/1"][/vc_column][/vc_row]

投稿日:

Copyright© 外国人のための在留資格相談室-ビザサポ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.