文化活動ビザ

「文化活動」って?

文化活動」の在留資格は、以下の4つの活動が当てはまります。

  1. 収入を伴わない学術上の活動
  2. 収入を伴わない芸術上の活動
  3. 日本特有の文化・技芸の専門的研究
  4. 日本特有の文化・技芸の専門家の指導による修得

あくまで「収入を伴わない」無報酬・無収入の活動です。

学術、芸術、文化、技芸など文化的な活動のために特別におかれている在留資格です。

日本特有の文化もしくは技芸というのは、生花、作動、柔道、空手、日本建築、日本画、日本舞踊、邦楽など、日本特有の文化または技芸をいいます。

また、外国を起源としているものでも、日本がその形成や発展に大きな役割を果たしているものも含まれます。例えば「禅」などです。

在留資格の条件

基本条件

  1. 上記の文化活動に当てはまること

例えば、生花、茶道、柔道など日本特有の文化を専門的に研究しようとする外国人や専門家から個人指導を受け修得しようとする外国人が該当します。

逆に、単に短期間個人的な指導を受けないで、日本特有の文化又は技芸を習得する活動は、「短期滞在ビザ」の在留資格に該当することになります。

お金を稼がなくても生活ができる証明が必要です

無報酬・無収入による滞在ですので、滞在期間中の生活費用はきちんと証明できるものが必要です。

 

証明する資料(新規の場合)

活動について

  • 活動内容・期間を明らかにする文書
  • 活動を行おうとする機関の概要
  • (専門家指導)専門家の業績・経歴

申請人について

  • 卒業証明書
  • 履歴書
  • 在職証明書
  • 学術・芸術上の業績を明らかにするもの

生活費用について

  • 奨学金支給証明書
  • 本人名義銀行預金残高証明書
  • (本人以外)支弁者の課税証明、源泉徴収票、確定申告書、預金残高証明等

 

文化活動ビザの申請サービスについて

文化活動ビザの申請取次サービスの概要。

  •  条件 日本文化の研究者等
  • 期間 3年、1年、6ヶ月、3ヶ月
  • 審査期間 1ヶ月〜3ヶ月
  • 報酬手数料(新規) 120,000円(税別)

投稿日:

Copyright© 外国人のための在留資格相談室-ビザサポ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.