在留資格 外国人

在留資格認定証明書の申請後に来日がキャンセルとなった場合

投稿日:

b49c723c7045111a2c1cfe62f6351c15_s

外国の方が、留学、就職、結婚等で日本に長期的に滞在する場合は、
日本の入国管理局に在留資格認定証明書交付申請を行う必要があります。

日本の入国管理局での審査が完了し、
在留資格認定証明書が発行されましたら、
外国人の方は、海外の日本大使館や領事館で
ビザの申請をして、3ヶ月以内に入国することとなります。

しかし状況が変わって、来日が延期となったり、キャンセルするなど、
在留資格認定証明書が不要となる場合があります。

在留資格認定証明書の有効期間は3ヶ月となっており、
それまでに、上陸の手続きをしなければ失効となります。

認定証明書が不要となった場合は、
下記の手続きをしましょう。

審査中の場合

取下げ申請書を作成し、入国管理局へ提出。

在留資格認定証明書が発行された場合

在留資格認定証明書を返納する理由書を添付して
入国管理局へ返納。

以上の手続きを怠ると、
外国人の方が、次回在留資格認定証明書を申請する時に
影響が及ぶ可能性があります。

具体的にどのような手続きを行えばよいか迷った方は
お気軽にお問い合わせください。

-在留資格, 外国人
-, , , , , , , , ,

Copyright© 外国人のための在留資格相談室-ビザサポ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.