未分類

外国人の家事代行サービスとは

投稿日:

original

東京の小池百合子知事は外国人による
家事代行を解禁した政府の国家戦略特区を活用する意向を
8月31日に表明する見込みです。

 

家事代行の解禁は神奈川、
大阪では既に行われていて、
もし解禁されれば日本で3例目。

 

12月にも国や都で協議して本格的に
外国人を採用したい企業を募る予定です。

外国人が手掛ける家事代行サービスは
炊事、選択、掃除、買い物、子供の世話など。

 

一年以上の家事支援の経験があることなどを条件に
在留資格の特例を認める予定。

 

中所得の日本人向けのサービスを想定しているので、
外国人には一定の日本語能力を求めます。

 

事業者はフルタイムで外国人を直接雇用し、
日本人と同等もしくは日本人以上の報酬を払う必要があります。

在留資格の期限は最長3年。

 

特区活用が決まっている神奈川では、
ダスキン、パソナ、ポピンズが11月にサービスを開始。
大阪ではダスキンとベアーズが認定を受ける予定。

各社が採用するのは、25人から30人程度の予定。

 

この制度を成功させるためには、
在留資格の要件を厳しくし過ぎないことが
要になってきます。

 

-未分類

Copyright© 外国人のための在留資格相談室-ビザサポ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.