再入国許可 在留資格

再入国許可の期限と期限内に帰れなかった場合

投稿日:

再入国許可の期限

haneda再入国許可を得て海外に滞在できる期間は、現在もっている在留期限の範囲内で、最長5年(特別永住者は6年)とされています。

現在の在留期間がこれより少ない人は、その期間の満了までです。

なお、在留期間の残りが少なくなっており、その期間内に再入国できない場合は、先に在留期間の更新手続きを行なってから、再入国許可を申請するようにします。

再入国許可の期限を伸ばすには

再入国許可を得て出国した人が、止むを得ない理由で期間内に再入国できない場合は、再入国許可の期限の延期をする必要があります。

現地の日本大使館か総領事館で、再入国許可の「有効期間の延長許可」を申請することができます。

延長できる期間は、1回の許可につき最長1年で、なおかつ、最初に再入国許可を得た日から6年(特別永住者は7年)以内とされています。
ただし、出国前からもっていた在留資格の期限を超えて延長することはできません。

-再入国許可, 在留資格

Copyright© 外国人のための在留資格相談室-ビザサポ- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.